苦悩するカップル

調停を行うこと

説明する男性と女性

離婚調停とは、離婚に向けた話し合いを家庭裁判所で行うこと。財産や親権についての話し合いが、裁判所の調停委員を交えて行われます。話し合いが解決した時に終了するもので、最終的にはふたりが結論を導き出すものなのです。

Read More

弁護士に依頼

手帳と男性

離婚調停を行う際には、弁護士にサポートを依頼することが出来ます。弁護士費用は必要になりますが、法律のプロの意見とアドバイスを聞きつつ、有利に事を進めていくことが出来るということは、覚えておきましょう。

Read More

離婚の相談

悩んでいる男性

日経平均株価の上昇や大手企業の給与のベースアップが続いており、日本経済が回復してきたと言われています。確かにそのような一面はあるのですが、中小企業で働いている人たちが景気の回復を実感できるようなレベルにまではなっていません。数年前から給料が据え置かれたままになっている中小企業が大半ですし、非正規雇用者の数は相変わらず増加し続けています。そのような状況が背景にあるため、家族が亡くなった際に残されていた遺産が借金ばかりだったというケースが増えています。相続放棄の手続きを取らないと借金を相続人が引き継ぐことになってしまうので、弁護士の遺産相続サービスを利用して相続放棄の手続きを取ってもらう人がたくさんいます。相続放棄の申述は裁判所に対して行う必要があるため、今後、弁護士の遺産相続サービスを利用する人がさらに増えるだろうと予想されています。また、東京の弁護士は優秀な方が沢山いて離婚相談にも応じてくれます。

遺産相続をする権利を放棄したい人は、被相続人の死後3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行わなくてはならないことになっています。現在でも、この取り扱いが原則なのですが、熟慮期間の起算点に対する考え方が昔に比べると柔軟になってきています。一昔前までは、3ヶ月を経過した後で相続放棄の申述を行っても、それが認められるようなことはまずありませんでした。しかし、現在では、熟慮期間を経過せざるをえない特別な事情があった場合には、相続放棄を認めてもらえるようになっています。ですので、もう3ヶ月以上経ってしまっているからと言って簡単に諦めてしまわずに、弁護士の遺産相続サービスを利用してみることをおすすめします。弁護士に相談すれば、裁判所を納得させることができる上申書を作成してもらうことができますので、相続放棄を認めてもらえる可能性が出てきます。

離婚成立までの道のり

手帳とビジネスウーマン

近年は離婚を経験する人は増加傾向にあります。夫婦の話しあいでまとまらない場合は、離婚調停を行う必要があります。裁判所で調停を行い、そこで合意に達すれば離婚が成立するのです。

Read More

オススメリンク